イベント

EVENT

令和3年度イベント一覧

募集終了

交流の家通学合宿

令和4年2月7日(月)~2月11日(金)

~郷土の先人の教えを実践しよう~
家庭から離れた共同生活の中での生活体験活動を通して、子供たちの自主性や協調性、耐性等の「生きる力」の基盤となる豊かな人間性やコミュニケーション能力を高めるとともに、基本的生活習慣の定着や規範意識の向上を図る。
また、事業を通して、郷土の先人である矢野玄道・中江藤樹の教えの実践を行うとともに、参加児童や保護者、連携する学校関係者等への「早寝早起き朝ごはん」国民運動の普及啓発を行う。

写真:交流の家通学合宿
事業終了

集え!冬の自然を満喫し隊☆ (つどえ!ふゆの しぜんを まんきつしたい☆)

令和4年1月9日(日)

定員に達しましたので募集を締め切りました (2021.12.11)
自然で遊ぶ 自然と遊ぶ 冬の自然に出会う一日
ボランティアのお兄さんやお姉さんといっしょに自然の音・色・形にふれてみよう!
どんなすがたに出会えるかな?

<事業のねらい> 令和3年度 国立大洲青少年交流の家 法人ボランティア自主企画
○参加者同士のふれあいを通して、社交性を身に付ける。
○自然体験活動を通して、自然の素晴らしさに気付き、探究心を育む。
○植物などを材料に制作活動を行うことで、豊かな表現力を育む。

写真:集え!冬の自然を満喫し隊☆ (つどえ!ふゆの しぜんを まんきつしたい☆)
事業終了

ときが森へレッツゴー

令和3年12月4日(土) 午前の部/午後の部

<事業の趣旨>
子どもゆめ基金創設20周年を記念して、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により自然体験や体験活動等の機会が減少していることを踏まえ、必要な感染防止対策を行いながら安全安心な体験活動等の重要性を広く普及・啓発するため、「ときが森こども冒険プログラム」を通して自然体験に親しむ機会を提供し、参加者の自己成長を図るとともに体験活動を楽しむ家族の裾野を広げる。

写真:ときが森へレッツゴー
事業終了

サバイバルキャンプ

令和3年11月27日(土)~28日(日)

防災を知ろう!学ぼう!さあ、やってみよう!

<事業のねらい>
近年日本各地で大規模災害が発生する頻度が高くなっており、防災力向上は喫緊の課題となっていることから、危機回避に必要な知識や技術等を身に付けるとともに、防災や減災への意識を高めます。

写真:サバイバルキャンプ
事業終了

子どもむかし生活体験村

令和3年11月27日(土)~11月28日(日)

<事業のねらい>
愛媛の伝承文化を学び、先人の生活の知恵と自然体験の融合した体験活動および集団生活体験をすることで、地域の自然や文化を大切にしようとする豊かな心と社会性を育む。

写真:子どもむかし生活体験村
実施報告

自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成講座

令和3年11月19日(金)~21日(日)

全国体験活動指導者認定委員会が制定した「自然体験活動指導者養成カリキュラム」 に則り、青少年向け自然体験活動プログラムにおいて、発達段階に応じて適切かつ 安全に指導ができる自然体験指導者(NEALリーダー)を育成する。

写真:自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成講座
実施報告

ふれあいキャンプ

令和3年11月13日(土)~11月14日(日)

<事業のねらい>
参加者同士の交流や共同生活及び体験活動を通して、社会性や自立への力を育てる。

写真:ふれあいキャンプ
実施報告

親子でお泊まり会

令和3年10月30日(土)~10月31日(日)

令和3年度 子どもゆめ基金20周年記念事業
・「早寝早起き朝ごはん」を中心とした、基本的生活習慣の確立を図るとともに、体験活動の大切さについて学ぶ。
・親子の絆や参加者同士の親睦を深め、親同士のネットワークを構築する。

写真:親子でお泊まり会
事業終了

親子で挑戦 秋のカヌーツーリング

令和3年10月23日(土)~10月24日(日)

子どもゆめ基金20周年記念事業
○体験活動を通して、自然の素晴らしさ・体験活動の楽しさを実感する。
○親子のふれあいや参加者相互のふれあいを通して、豊かな心を育む。

写真:親子で挑戦 秋のカヌーツーリング
事業終了

コロナに負けるな! 体験チャレンジデー

令和3年10月16日(土) 12:00 ~ 15:00

2021.10.12 申込期間を延長しました
本事業は、多くの地域住民の参加を得て、地域づくりの一拠点として開催し、様々な体験プログラムを通して体験活動の裾野を広げるとともに地域住民の交流を図ることを目的とした事業です。また、10月が「体験の風をおこそう推進月間」であることから、「子ども体験遊びリンピック」を同時開催し、子どもや保護者を対象に自然体験や生活体験等の推進を行います。

写真:コロナに負けるな! 体験チャレンジデー