イベント

EVENT

事業終了

ふれあいキャンプ

<事業のねらい>
参加者同士の交流や共同生活及び体験活動を通して、社会性や自立への力を育てる。

開催日時
令和3年11月13日(土)~11月14日(日)
主催
独立行政法人国立青少年教育振興機構 国立大洲青少年交流の家
講師
国立大洲青少年交流の家研修指導員 青山 優歩 氏 (紙すき体験)
精神保健福祉士・公認心理師・臨床心理士 徳田 美保 氏(保護者の情報交換会 講師)
場所
国立大洲青少年交流の家
対象
不登校及びひきこもりがちな小学生・中学生とその保護者
募集人数
20名程度
必要経費
2,250円(中学生以上) 2,200円(小学生)
※詳細は、開催要項をご覧下さい
準備物・日程・内容
詳しくは開催要項をご覧下さい
申込方法
参加申込書に必要事項をご記入の上、登録している適応指導教室へご提出ください。
適応指導教室に登録されてない方は、入力フォームから申込んでください。
参加形態
  • 保護者もしくは適応指導教室のスタッフと同伴とします。
  • 対象者の兄弟姉妹も参加することができます。
  • 日程の一部だけ参加することも可能です。その場合は、入退所の日時を申込書に記入してください。
    (ただし、11月13日の21:30~11月14日の8:30の入退所についてはご遠慮ください。)
その他
  • 当施設の新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドラインに基づき、参加者の安全・安心を確保して事業を実施します。マスクを着用しての活動、朝・夕の検温、手指の消毒の徹底をお願いしています。

  • 申し込み後、参加できない事態が発生した場合は、速やかにご連絡ください。11月12日(金)午前10時以降のキャンセルは、キャンセル料をいただく場合があります。キャンセル料の支払い方法については、対象となる方にお伝えします。

  • 事業中に発生した負傷・疾病等は参加者に加入していただく保険での補償となります。

  • ご記入いただいた個人情報は、「独立行政法人国立青少年教育振興機構が保有する個人情報の適切な管理に関する規程」等に基づき適切に管理し、この事業に関する事務のみに使用し、法令等に定める場合を除いて第三者に開示することはありません。本事業で職員等が撮影した写真や映像、制作物、感想文等の著作物を、当機構の広報等に使用する目的で、報告書や刊行物、インターネット(ソーシャルメディアサービスを含む)等に掲載することがあります。また、新聞社、雑誌社等が発行する刊行物に記事・写真を掲載することもあります。 なお、当機構がインターネット上に公開した肖像及び著作物について、本人(又は保護者)から削除依頼を受けた場合は速やかに削除します。ただし、印刷物等については対応できかねますのでご了承ください。ご承諾いただけない場合は事前に事業担当者へご相談ください。

写真:ふれあいキャンプ