活動プログラム紹介

PROGRAM

野外活動

野外炊飯

定員
--名
所要時間
--時間
指導員の有無
自主活動
活動の概要

かまどに火をおこし、羽釜等を使ってご飯を炊くなど屋外で食事を行う。

ねらいとして考えられること
  1. 自然の中で野外炊飯の楽しさを味わうとともに、仲間との親睦を図る。

  2. 共同作業を通して協力する心を育む。

対象者・人数・活動場所・所要時間・実施時期
対象者・人数

80人程度(1グループ5~8人)

活動場所

野外炊飯場

所要時間

3~3.5時間

実施時期

通年

荒天時も屋根があるため実施可能。雷などの局所的な天候が続き、移動に支障があれば協議の上、対応を決定する。火傷や熱中症には十分注意をはらう。

活動の展開
  • 指導員との打ち合わせ(実施15分前)

  • 材料、道具準備

  • 調理、食事

  • 片付け、道具返却

  • 振り返り

指導形態

自主活動(9時~16時30までに事前打ち合わせ)

引率者の役割と安全上の留意点について
事前準備及び事前打ち合わせ
  • 参加者の役割分担・食材の受け取り方法・教材申込書の確認・物品の貸出及び点検の立ち会い

    レストランへ食材を実施15分前までに取りに行く。

    準備物
    団体(責任者)洗剤、クレンザー、布巾、携帯電話・救急用品、薪及び炭はレストランで購入
    参加者軍手、帽子、タオル等
    交流の家貸出物品食器類、ビニール袋、マッチ、新聞紙、指導者用資料

    活動後、教材申込書にて支払い・金額は、利用のてびきをご覧ください。

    食中毒予防のため、食材の持ち込み禁止

    メニュー
    朝食焼き魚・目玉焼き・野菜炒め
    昼食・夕食カレーライス・焼きそば・焼肉・ポトフ

    他のメニューや分量等の追加については、事前にご相談ください。

  • 手洗いや食材の洗浄等衛生面に留意し、食中毒防止に努める。

  • 食中毒予防(手洗い・食材の洗浄など衛生面と、体調不良者の把握)

    下痢症状、皮膚炎、手指に傷がある場合等

  • 安全と事故防止に十分注意する(刃物や火の取り扱いには気をつける)。

  • 事前準備及び事前打ち合わせについてをご覧ください。

ダウンロード資料