イベント

EVENT

実施報告

伊予の伝承文化を学び伝えるリーダー村

<事業のねらい>
地域を大切にし、地域に根ざして活動するリーダーが求められている中で、愛媛の伝承文化を学び、先人の知恵と自然体験の融合した体験活動をすることで、地域を大切にしようとする心を育むとともに、「子どもむかし生活体験村」を自ら計画し、運営することで、地域に根ざして活動しようとするリーダーを養成します。

開催日時
7月20日(水)オンラインによるガイダンス:8月16日(火)~21日(日)伊予の伝承文化を学び伝えるリーダー村:8月19日(金)~21日(日)子どもむかし生活体験村
主催
独立行政法人 国立青少年教育振興機構 国立大洲青少年交流の家
国立大学法人 愛媛大学
後援
愛媛県教育委員会(予定)
大洲市教育委員会
期日
7月20日(水) 16:20~
オンラインによるガイダンス
8月16日(火)~8月21日(日)
伊予の伝承文化を学び伝えるリーダー村
8月19日(金)~8月21日(日)
子どもむかし生活体験村
場所
国立大洲青少年交流の家、肱川(うかいレストプラザ~緑地公園)、大洲城
参加対象
大学生(子どもむかし生活体験村は小学校4~6年生)
募集人数
15名(子どもむかし生活体験村は20名)
講師(予定)
      
  • 清水 大輔 氏(愛媛県教育委員会社会教育課社会教育主事)
  • 山田 広志 氏(大洲市立博物館 学芸員)
  • 日野 克博 氏(愛媛大学教授)
  • 高橋 平徳 氏(愛媛大学准教授)
  • 山﨑 哲司 氏(元愛媛大学教授)
  • 玉井 義幸 氏(国立大洲青少年交流の家研修指導員)
  • 国立大洲青少年交流の家担当職員
持参品等
筆記用具、マスク6日分、保険証のコピー、活動しやすい服装(ぬれてもよい服を含む)、帽子、ぬれてもよい靴(かかとを固定できるもの)、宿泊に必要なもの、その他各自必要なもの
参加費
10,000円程度(食事代、シーツ洗濯代、保険代、大洲城入場料等)
申込方法

入力フォームにて、お申込みください。

申込期間:令和4年7月21日(木)9:00 ~ 7月27日(水)17:00

その他
  • 申込の受付が完了しますと、メールアドレス宛てに「受付完了」の自動返信メールが届きます。自動返信メールが確実に受信できるよう、メールアドレスを正確に入力してください。また、ozukikaku@niye.go.jpからのメールを受信できるように設定しておいてください。
    自動返信メールが届かない場合は、0893-24-5176まで、お問合せください。申込期間内に電話連絡がない場合は申込無効となりますので、ご注意ください。
  • ご参加いただける方には、後日、メールアドレス宛てに準備物等のご連絡をいたします。
  • 参加できなくなった場合は、早めにご連絡ください。8月13日(土)午前10時以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。キャンセル料の支払い方法については対象となる方にお伝えします。
  • 新型コロナウイルスの感染状況によって、事業が中止になる可能性があります。
日程(予定)
開催要項をご確認ください。
写真:伊予の伝承文化を学び伝えるリーダー村