センダングサで染めてみよう
1.ねらい

草木染めに興味・関心をもち、作る楽しさを体験を通して知る。

2.学習内容
(1)季節

(2)場所

調理室

(3)時間

4〜5時間

(4)準備

・センダングサ(花、茎、葉)3p 30g・オーガンジーチーフ(30×30p)・媒染液(みようばん小さじ1、水3リットル)・はかり・ボール・ナベ・計量スプーン・ザル・不織布(ザルの大きさ分)・さいばし・ゴム手袋

(5)方法:

ア. 3pのサイズに切ったセンダングサをナベに入れ、水(センダングサが全部つかるぐらい)を加える。

イ. ナベを火にかけ、沸とう後中火で20分ほど煮出す。

ウ. 火を止めて、熱いうちにザル(不織布をのせた)でこして、ボールに染液を取る。

エ. 染めムラを作らないようにオーガンジーチーフを湯で洗う。

オ. ボールに入れた染液(できるだけさましたほうがよい)をナベにうつしかえ、染めるものを入れる。

カ. 再び火をつけ、沸とうさせる。ムラにならないよう、さいばしでゆっくりかきまぜながら気泡を押し出し、15分弱火にかける。

キ. ボールに媒染液を作る。

ク. カを冷ましたのち、オーガンジーチーフを取り出し、ボールに用意した媒染液にひたし、気泡を押し出しながら約20分つけておく。

ケ. 媒染液にひたしておいたオーガンジーチーフを取り出し、染液に戻し、再び中火で15分ほど煮、その後火を止め十分に冷めるまで待つ。

コ. 十分に冷めてからオーガンジーチーフを取り出す。(ゴム手袋を使って作業する)

サ. 流水でオーガンジーチーフをふり洗いし、染液をしっかり落とし、ハンガーなどを使って日陰干しし、乾燥したらできあがり。

3.期待する学習効果

(1) 自然の中にある草花に興味をもつことができる。

(2) 自然の材料の持つ色合いを楽しむことができる。

参考資料:ブティック社  草木染めで遊ぶ  やさしい草木染め入門