熱中症に気をつけよう

熱中症を正しく理解し、国立大洲青少年の家プログラム活動中に起こる熱中症事故を予防しましょう!

熱中症に気をつけよう

はじめに

こんな病気です

こんな時は要注意!

応急処置の方法

 

はじめに

熱中症とは、熱に中る(あたる)という意味で、暑熱環境によって生じる障害の総称です。

熱中症にはいくつかの病型がありますが、重症な病型である熱射病を起こすと、適切な措置が遅れた場合、高体温から多臓器不全を併発し、死亡率が高くなります。

熱中症死亡事故のほとんどがスポーツ活動によるもので、それほど高くない気温(25〜30℃)でも湿度が高い場合に発生しています。暑い中では、体力の消耗が激しいためです。熱中症予防のための運動方法、水分補給等を工夫することは、事故防止の観点だけでなく、精力的な活動をするという点においても大変重要です。

熱中症を正しく理解し、国立大洲青少年交流の家プログラム活動中に起こる熱中症事故を予防しましょう!

» ページのトップに戻る

熱中症はこんな病気です!−熱中法で起こるこんな障害−

熱中症とは、暑さの中で起こる障害の総称です。大きく次の3つに分けることができます。

(皮膚血管が拡張してめまいや一過性の意識消失を起こす熱失神を加えて、4つに分ける場合もあります。)

プログラム活動中で問題となるのは、主に熱疲労と熱射病です。

熱けいれん

大量の発汗があり、水のみを補給した場合に血液の塩分濃度が低下して起こるもので、筋の興奮性が亢進して、四肢や腹筋のけいれんと筋肉痛が起こる。

熱疲労

脱水によるもので、全身倦怠感、脱力感、めまい、吐き気、嘔吐、頭痛などの症状が起こる。体温の上昇は顕著でない。

熱射病(重症)

体温調節が破綻して起こり、高体温と意識障害が特徴である。意識障害は、周囲の状況が分からなくなる状態から昏睡まで、程度は様々である。脱水が背景にあることが多く、血液凝固障害、脳、肝、腎、心、肺などの全身の多臓器障害を合併し、死亡率が高い。

» ページのトップに戻る

こんな時は要注意!−熱中症が起こりやすい条件とは?−

高湿度・急な温度上昇などには要注意!!日中の暑い時間帯は避けて行動しよう!−暑熱馴化が必要です−

気温が高いと熱中症の危険が高まりますが、それほど気温が高くなくても湿度が高い場合は発生します。また、梅雨明けなどに急に暑くなり、体が暑さに慣れていないときに多く発生します。暑さに慣れるまでの1週間くらいは、短時間で軽めの運動から始め、徐々に慣らしていきましょう。発生時刻では、10時から16時の間に多く見られますが、暑い季節は、朝や夕方でも熱中症が発生することがあります。

肥満傾向の人、体力の低い人、暑さに慣れていない人、体調の悪い人は要注意!!−7割以上が肥満傾向の人−

肥満傾向の人、体力の低い人、暑さに慣れていない人、体調の悪い人は熱中症を起こしやすいです。特に、学校の管理下の熱中症死亡事故は、7割以上が肥満傾向の人です。

ランニング、ダッシュの繰り返しには気をつけて!

熱中症の事故の多くは、スポーツ運動中に起きているのがほとんどです。種目は野球、ラグビー、サッカー、柔道、剣道など多岐にわたります。特にランニング・ダッシュの繰り返しによるものが多く注意が必要です。

看護師zippy

» ページのトップに戻る

熱中症の応急措置−適切な応急措置を!−

熱中症は予防が大切です。

しかし、熱中症になってしまったら・・。万一の場合に備えて、応急手当や必要な措置などを理解しておくことは大変重要です。

異常の発生  →  涼しい場所に運び、衣類を緩めて寝かせる。汗をふき取る。(発刊機能が回復しやすい)   

次のような症状がみられる場合は、速やかに必要な手当や措置をとる。

熱けいれん

状態

大量の発汗がある、四肢や腹筋のけいれんと筋肉痛が起こる

対処

生理食塩水(0.9%食塩水=1リットルの水に9グラムの食塩水)を補給する

回復

回復した場合も容態が急変することがあるので、運動は中止し、保護者に経過を説明して、できるだけ病院等に受診させるようにする。

回復しないとき

救急車を要請→→病院へ:吐き気や嘔吐などで水分補給ができない場合は、病院へ運び点滴を受ける必要があります。

熱疲労

状態

全身倦怠感、脱力感、めまい、吐き気、嘔吐、頭痛などが起こる。頻脈、顔面蒼白。体温の上昇は顕著ではない。

対処

水分を補給する。(0.2%食塩水あるいはスポーツドリンク等)

足を高くして寝かせ、手足を末梢から中心部に向けてマッサージするのも効果的

回復

回復した場合も容態が急変することがあるので、運動は中止し、保護者に経過を説明して、できるだけ病院等に受診させるようにする。

回復しないとき

救急車を要請→→病院へ:吐き気や嘔吐などで水分補給ができない場合は、病院へ運び点滴を受ける必要があります。

足がもつれる、転倒する、突然座り込む、立ち上がれない、応答が鈍い、意識がもうろうとしている、言動が不自然など少しでも意識障害がある場合には

熱射病(重症)

を疑う。

対処

すぐに救急車を要請し、同時に応急手当を行う。

救急車到着までの間、積極的に体を冷やす。★水をかけたり、濡れタオルを当てて扇ぐ。また氷やアイスパックがあれば、頸部、脇の下、足の付け根などの大きい血管を冷やすのも効果的!

※できるだけ迅速に体温を下げることができれば、救命率が上がります!!

病院へ

体を冷やしながら、設備や治療スタッフが整った集中治療のできる病院へ一刻も搬送しましょう。

» ページのトップに戻る

熱中症に気をつけよう!