キャンドルサービス

キャンドルサービス

指導を無料で行うプログラム(別途教材費が必要な場合があります。)

※平成22年4月1日から、指導を要するプログラムの一部が有料(受益者負担)となっています。(宿泊団体に限ります)

活動の概要

闇を照らすローソクの神秘的な明かりの中で、厳粛に行われる儀式(セレモニー)と、炎を囲み演じるスタンツ・レクリエーションにより参加者の仲間意識を深め、心に感動と思い出を刻む。

手順
  1. 入所後、活動について当所職員と打ち合わせをする

  2. 活動場所に集合

  3. 準備・計画に沿って実施

  4. 片付け(ローソク・受け皿・燭台等)、清掃

  5. 借用物品などを返納

ねらいとして考えられること
  1. 火の神秘を知り、火に感謝の気持ちを持つ

  2. 厳粛な式典や楽しいレクリエーションを創意工夫し発表することにより、連帯感・協調性・団結心を養い、友情と思い出を深める

  3. 準備活動やレクリエーションを通して協力と責任感を育てる

人数・場所・時間
人数

400名

場所

 − 

時間

2時間

季節

1年中可能

事前に準備するもの
  1. 出し物

  2. 使用する音楽(CD等)

  3. ロウソク  ※レストランで購入も可能

  4. 音響設備・音楽CD・懐中電灯  ※当所で貸与も可能

引率者の役割
安全対策
  1. 火の取り扱いには十分注意する

  2. 事故発生時の措置

    負傷・疾病をふくめ事故等が発生した時は、責任者はただちに事務室に連絡する

  3. 後片付けの徹底

    ※床に落ちたロウを完全にとる

安全上の留意点

周囲の仲間に気を配り、火災や火傷などにならぬよう配慮する

その他

自主で行えるよう「手引書」・「CD」の貸出もできます。

指導依頼の場合は、事前打合せが必要です。

活動経費
キャンドルのつどい用ローソク

大230円・小35円