かるた(百人一首)

かるた(百人一首)

研修者自身が自主的に行うプログラム(必要な場合は、引率者等に利用の方法を説明します。)

※平成22年4月1日から、指導を要するプログラムの一部が有料(受益者負担)となっています。(宿泊団体に限ります)

活動の概要

かるたのルールやそれにまつわる歴史や文化を習い、現在行われている競技かるたを実際に体験する

ねらいとして考えられること
  1. 日本の伝統文化であるかるたを楽しむ

  2. 百人一首の世界観に親しむ

  3. 暗記力や敏捷性を身につける

人数・場所・時間
人数

100名

場所

武道場和室

時間

1〜3時間

季節

1年中可能

事前に準備するもの

特になし

引率者の役割
  1. 指導員と事前に打合せをして内容を決める

    ※坊主めくり、源平合戦(団体戦)、競技かるた(個人戦)等できます

安全上の留意点

特になし

その他

百人一首40セット有