キャンプ(テント設営):ドーム型テント

キャンプ(テント設営)

指導を無料で行うプログラム(別途教材費が必要な場合があります。)

※平成22年4月1日から、指導を要するプログラムの一部が有料(受益者負担)となっています。(宿泊団体に限ります)

活動の概要

テントでの野外宿泊を通して、仲間とともに自然の中での共同生活を体験する

設営
  1. 入所後、事前に当所職員と設営方法と設営場所について打ち合わせをする

  2. 物品を受け取る

  3. テント設営について説明を聞く

  4. テントを設営する

撤収
  1. テント撤収について説明を聞く

  2. 貸出物品を返却する

  3. キャンプサイトを清掃し、忘れ物がないか点検する

ねらいとして考えられること
  1. 自然の中で生活する素晴らしさや厳しさを実感する

  2. テントの中でともに過ごす仲間とのつながりを深める

人数・場所・時間
人数

80名

場所

原則としてキャンプサイトで実施する

時間

1時間

※1つのテント(ドーム型テント)に最大6名まで利用可能

※テントは、16張

季節

3月〜11月

事前に準備するもの

懐中電灯、軍手、防虫薬品、その他各自必要なもの

[当所が準備するもの] テント、毛布、ござ、シュラフ(寝袋)

引率者の役割
  1. 健康観察

  2. 安全と事故防止に十分注意する

  3. 実施中において負傷・疾病・事故等が発生した時は、事務室にただちに連絡を取る

安全上の留意点

テント設営時、怪我をしないように、周りをよく見て作業する

その他

天候による宿泊場所の変更は、原則としてできない